SEOに効果あり!セマンティック〇〇とは!?

SEOに有効なセマンティックコーディングとは!?

皆さんセマンティックコーディングとはご存知でしょうか?

セマンティック=Semantic
この言葉を訳すと

1意味の
2意味論の、となり

私なりにわかりやすく解説すると「意味のあるコーディング」すなわち、HTML5のしっかりとした形式に添った、ユーザーまたは検索クローラーが見やすいコーディングとも言えるでしょう。

今日googleではサーチコンソールというサービスを導入しており、サーチコンソールにご自分のWEBサイトを追加すると、様々な指南とwebを改善するヒントを与えてくれます。

googleはユーザーによりよいwebページを提供する為に、検索結果を決定付ける「アルゴリズム」を常日頃アップデートしています。

ここ最近の傾向とすると、モバイルフレンドリーつまり「スマートフォン最適化」「スマートフォン優先」です。

要はスマホ最適化したwebページが上位表示しやすくする準備が整いつつあるのが・・・今なんです。

SEO対策は基本的に「内部要因」「外部要因」の二つに分けて対策します。

今回私が力説したいのが「内部要因」「外部要因」ではなく、webページの中身である「HTML」であり、クローラーが読み取るwebページのソース=「機械要因」についてです。

結論から言ってしまうと

「ユーザーに見やすくて、表示スピードが速いページを作るべき」ということです。

googleに評価される機械要因とは!?

googleに評価されることは、すなわちユーザーに評価されることと同義だと、私はここ最近で気づきました。
逆に考えれば、ユーザーに評価されるページはgoogleも評価してくれるということです。

こんな方いませんか?

  • 検索順位が思うように上がらない
  • どうしてもライバルサイトに勝てない
  • SEO対策の外注に出したが効果がでない

上記のような内容でお困りでしたら「機械要因の改善」をお勧めします。

機械要因の改善とは以下になります。

  • HTMLの最適化
  • 不要なタグやジャバスクリプトなどを削除

重複するタイトルタグ、メタタグなどの改善もその一部とはなりますが、今回は上記項目を説明したいと思います。

まずサーチコンソールにログインすると「検索トラフィック」という項目の中に「モバイルユーザビリティ」という項目があります。
改善が必要とされる場合以下のような表示になります。

1・コンテンツの幅が画面の幅を超えています。
2・ビューポートが設定されていません。
3・クリック可能な要素同士が近すぎます。
4・テキストが小さすぎて読めません。

上記の内容にあるようにgoogleはユーザビリティ向上の為に何をすべきか、改善すべき点を教えてくれます。
解決策としてガイドラインがありますのでご参照ください。
1・「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」の解決策
2・「ビューポートが設定されていません」の解決策
3・「クリック可能な要素同士が近すぎます」の解決策
4・「テキストが小さすぎて読めません」の解決策

上記の問題が改善されると以下のような表示となります。

HTMLの改善を行い不要なタグやジャバスクリプトを削除をすること=それこそがセマンティックコーディングと言えるでしょう。
セマンティックコーディング施すことによりHTMLが最適化され、クローラーが読み取りやすく、なおかつ表示スピードも速くなるので導入すべきでしょう。

ぜひ実践してみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弊社は全てのお客様に「face to face」をこころがけております。

まずはお気軽にご相談ください