検索力の重要性について

皆さんこんにちは!

オフィスvondsの小沢です。

今日は「検索力」の重要性についてお話します。

検定力。それは目的の情報を的確かつ迅速に入手する為に必要不可欠な能力です。

情報化社会の今日ではもはや必要不可欠な能力と言っても過言ではありません。

ヤフーやGoogleの検索窓の中にどのようなキーワードを入力して、目的の情報に辿り着けるか?あなたはご存知でしょうか?

検索力を身につければあなたが本当に得体情報が手に入れられますし、web業界の成功者はこの「検索力」が極めて高いと私は感じています。

検定力。それは目的の情報を的確かつ迅速に入手する為に必要不可欠な能力です。情報化社会の今日では、もはや必要不可欠な能力と言っても過言ではありません。

ヤフーやGoogleの検索窓の中にどのようなキーワードを入力して、目的の情報に辿り着けるか?あなたはご存知でしょうか?今では多くのユーザーの検索能力が向上しており、目的の情報を得る為に検索窓にたくさんの複合キーワードを入力し好みのサイトを見つけています。

 

≪検索力を理解すればSEO対策も成功に導く!?≫
検索力を身につければあなたが本当に得体であろう情報が手に入れられますし、web業界の成功者はみなこの「検索力」が極めて高いと私は感じています。

目的の情報は何も有料ではありません。まだインターネットの普及が始まった1996年のwebページの品質と、今現在のwebページの品質を比べれば、一目瞭然です。ページの質も数も年々向上している為、誰でも無料で目的の情報が得られるはずです。
かの有名な「ロングテール」の作者であるクリスアンダーソンさんの著書である「フリー」でもこの事について触れています。無料で情報を得て、無料でお金を生み出す事ができるという内容で、第一のステップとして、情報を得るには適切な検索力が必要という事です。

 

成功者は0から1を生み出す能力があれば成功できると知っています。

 

こちらの書籍は私の人生を変えるほどインパクトを与えてくれた本です。
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

「どうせツリでしょ?」

「どうせアフィリエイトでしょ??」

 

というように疑問を持たれる方も多いと思いますし、確かにそのようなサイトは無数にあります。

しかしながらgoogleは近年、ユーザーを惑わせるサイトや、意味をもたないサイトの上位表示や、独占を嫌っており、年々ユーザーが検索したクエリに対し、最適な情報を持つサイトを上位表示させるようアップデートを繰り返しています。

そうです!

極めて重要な事ですがgoogleは検索結果に対して

「ユーザーが求めているであろうサイトを上位表示する傾向にある。」という事です。

ではgoogleが判断するユーザーが求めているであろうサイトとは何でしょう?私の解釈では以下のようなサイトが当てはまります。

 

1・アクセスがある=たくさんのユーザーに支持されているサイト。

2・ユーザーが検索したキーワードが含まれたページがサイト内に豊富にある事。

3・同一テーマでなおかつ、アクセスのあるサイトからリンクされているサイトである事。

 

googleに評価されるページ作りをする事もSEO対策を行う上では大切ではありますが、私はそれよりも
「ユーザーにとことん評価されるホームページ作りを目指す事」の方が重要性があると思います。

もしあたなのホームページで上位表示を目指しているキーワードがあるのなら検索力を発揮して、どのようなサイトが上位表示しているかチェックしてみて下さい。

ユーザー視点で検索をする事で多くの発見を得られるはずです。

 

女性がショッピングをする際にいきなり「レディース インナー」というようなビックキーワードを入力したらお目当ての物は見つかりますか?

購買意欲のある女性であれば、必ず絞り込みます。

 

たくさんの複合キーワードを入れれば入れるほど情報の絞り込みができ、目的のページに辿り着きやすくなります。

購買意欲満々のあなたなら、購買する直前に何というキーワードを検索窓に打ち込みますか??

ショッピングの場合であれば、ビックキーワードではなく「商品名」+「口コミ」or「レビュー」などを入力しませんか?

ビックキーワードにて情報を得たユーザーは、その次に「商品名」を入力して他のユーザーの動向をチェックしたりしますよね?

そうです!もしあなたがECサイトのオーナーなら

 

ビックキーワード狙いの情報収集されて終わりのホームページを運用してはいけません。

 

大切な事はユーザー心理を理解して、ユーザーが満足するようなコンテンツを用意する事です。検索力とはそのような意味でもかなり重要性があり、今日のSEO対策成功の鍵を握るのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

弊社は全てのお客様に「face to face」をこころがけております。

まずはお気軽にご相談ください